丸ごと熟成生酵素,飲み方

丸ごと熟成生酵素」の正しい飲み方って??

(1)酵素が生きてる「丸ごと熟成生酵素」だからこそ飲み方に拘りたい

 

「丸ごと熟成生酵素」は、酵素の最大のウィークポイントである「加熱処理で死んでしまう」という難題をクリアしたサプリメントです。
酵素というのは非常に熱に弱い特質かあって、摂氏48℃の温度になるとほとんどの酵素は死滅してしまい、その後冷やしても復活すること
はありません。

 

昨今の『酵素ブーム』によって、巷に溢れる様々な酵素を謳った商品、例えば「酵素ドリンク」は、食品衛生法によって、必ず65℃以上の
過熱殺菌処理が義務付けられています。
つまりこれらのドリンクなどは、酵素は入っているけど、そのほぼ全部は死んだ酵素ということになりますね。

 

次にパウダー状にした「酵素粉末」。
これも、もともと液体であった酵素を粉末に精製するプロセスにおいて、ほとんどの商品は高温加熱処理をして製品化しています。
つまり、これらの酵素粉末もほとんどが死んだ酵素なんです。

 

一方、「丸ごと熟成生酵素」は、これらの酵素が熱で死なない独自の製法『特殊低温カプセル製法』を完成させ、酵素を「生きたまま」
カプセルに詰め込むことに成功したサプリメントなのです。

 

これにより、初めて「生きた酵素の効き目を実感できる」商品が誕生したわけです。

 

このような、生きた酵素だからこそ、サプリメントとはいえ、より効果的な飲み方を模索したいですよね。

 

(2)「最も効き目が出る」とされている飲み方とは?

 

「丸ごと熟成生酵素」はサプリメントであり、薬ではありません。
ですから、本来、薬のようにその薬ごとの定められた用量・用法といったものはありません。

 

ですが、上で述べたように、「生きたままの」酵素のパワーを最大限に引き出す飲み方、あまり効果的でない飲み方というものはあります。

 

ここでは、最も効果的な飲み方を紹介しておきます。

 

まず、「丸ごと熟成生酵素」を飲む際の触媒というか、一緒に飲むものは、「体温よりやや低めの温度のぬるま湯」がベストです。
それが面倒くさければ水と一緒に飲んでください。

 

酵素は「熱に弱い」という特質はもう学びましたよね?

 

なので、絶対に、熱いお茶や、ホットホーヒー、白湯、紅茶などと一緒に飲んではいけません。

 

次に、「丸ごと熟成生酵素」の適量ですが、これは、商品の説明にも明記され奨励されていますが、
「1日2粒」
です。

 

そして、これを1度に2粒飲むよりも、例えば「朝と夜」というように、1日2回に分けて、飲む方がより効果が高いと
言われています。

 

まとめると、

 

『「丸ごと熟成生酵素」の最も効果的な飲み方は、1日2回、1粒づつ、ぬるま湯で飲む。』

 

というものになります。

丸ごと熟成生酵素,飲み方